福岡の屋台

福岡の屋台は、観光資源として経済効果だけでなく、福岡の夜の街に灯りをともし賑わいを演出するという効果もあります。しかし、ピーク時の400軒あった屋台は現在では150軒までに減少しています。その原因として考えられるのが周辺住人の反対や屋台から出るゴミや臭いなどの苦情が多くそれらが解決されないからだと考えられます。しかし、福岡の風物詩の1つとして考えられる屋台を今後存続させていくためには、やはり周辺住人の理解が必要になってきます。地域活性化のためにも諸問題を解決し存続してもらいたいものです。
福岡の屋台と言えば全国でも有名ですが、昔の屋台と言えば、「おでん」「焼き鳥」「ラーメン」といったもので福岡でも繁華街で飲んで帰りに締めで屋台でラーメンといった流れでしたが、近年の屋台は様々で屋台でイタリアンやフレンチといったオシャレな屋台も増えています。人気のある屋台は、福岡市博多区の「一竜」は、日本の観光客だけでなく、海外のガイドブックでも紹介され外国人の観光客も多く訪れています。次に福岡市中央区港の「長浜屋台 やまちゃん」は、サイドメニューもいろいろありますがやはり長浜ラーメンが人気になっているようです。

まだまだいろいろな屋台がありますがご自身でいろいろな屋台をまわってみるのも屋台の楽しみ方のひとつだと思います。

<参考>もし福岡に長期滞在を考えているなら断然ウィークリーマンションがオススメ!福岡でウィークリーマンションを探すならコチラ
www.dreamstage-weekly.net/

Copy Right(C) 福岡博多の料理店 All right Reserved