もつ鍋

もつ鍋の歴史は、第二次世界大戦後にもつ肉とニラをアルミ鍋で醤油味に炊いたものがルーツであり、1960年代にはごま油で唐辛子を炒めてもつを入れてから味付け用調味料とネギ類を入れてすき焼き風に食べられていた。 近頃のもつ鍋は、鰹や昆布などでとったダシに醤油や味噌で味つけし、もつと大量のニラ・キャベツともつの臭みを消すためのニンニクが入っており、好みで唐辛子(鷹の爪)を入れ煮込んで食べます。そして最後に食べ残った汁にちゃんぽんの麺を入れて『締め』とすることが多くなっています。 ここ福岡には、もつ鍋店が数百店舗もあると言われておりもつ鍋店の激戦地域でもあります。この激戦の福岡で生き残るために各店舗いろいろな工夫したり味を落とさないように伝統の味を守ったりしています。ここ最近で流行っているのはコラーゲン入りもつ鍋が女性客に人気となっているようです。 人気のお店は、福岡市南区にある「やま中本店」福岡市博多区にある「京風もつ処 越後屋」同じく博多区にある「牛もつ鍋 おおいし」などが人気を集めています。ほかにも「もつ鍋 万十屋」「もつ幸」「もつ鍋 楽天地」など美味しいお店がたくさんあります。

Copy Right(C) 福岡博多の料理店 All right Reserved