水炊き

水炊きの名前の由来は、昆布などわずかな出汁だけで、ほかの調味料を使わず水から煮立たせることから「水炊き」と呼ばれるようになりました。水炊きは、九州主に博多を中心に現在は「博多水炊き」と呼ばれるようになり、鶏肉や白菜などを材料として使うのが主流となっています。またお店によっては鶏肉を豚肉で使っているお店もあります。これをポン酢で食べて最後の締めにごはんで雑炊にしたりうどんを入れて食べたりしています。水炊きには、鶏肉を使うお店が多いですが骨付きの鶏肉を使ってじっくり鶏肉の旨味を引き出して使っているお店も多くあります。福岡市博多区祇園にある「博多華味鳥」は、白濁半透明で臭みはなくコラーゲンたっぷりで女性におススメの鍋です。福岡市中央区平尾にある「博多水たき元祖水月」は、水炊きの発祥のお店とも言われているお店で、水炊きのスープというと白濁というイメージがあるのですがこのお店のスープは透明で骨付きの鶏肉を使っているせいもありスープにしっかりダシが出て美味しく、ポン酢にもこだわっているらしくほかのお店では味わったことがないようなポン酢で水炊きとの相性がよく1度は行ってみたいお店のうちの1軒です。

Copy Right(C) 福岡博多の料理店 All right Reserved